大ブームのチアシードについてググってみた結果

最近大ブームのチアシード。一度は耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。テレビの情報番組などで紹介された事もあり、ダイエットに効果的という事であっという間に大人気です。

ダイエット大国アメリカでは数年前からブームでもあり、多くの海外セレブの間で話題で、日本でも多くの有名人やモデルがすでにダイエットに取り入れています。そんなチアシードの効果についてお伝えします。

チアシードについて チアシードは、シソ科サルビア属ミントの一種であり、主にメキシコなど中南米で栽培されている果実の種になります。見た目はゴマより少し小さく、そのまま食べると食感もゴマに似ています。

又、またチアシードを水に浸透させるとふくらんでジェル状になる特徴があります。栄養豊富なチアシード チアシードには、腸内環境を整え便秘解消に効果のある食物繊維や美しい肌や疲労回復効果のビタミンやミネラル、そして体の機能を正常化するDHA・EPA、αリノレン酸などのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

この為、巷ではスーパーフードやミラクルフードといわれています。そして先にも述べた様に水に浸透させるとふくらむ性質がある為、少量で満腹感が得られ、さらには栄養価が高いことから美容や新しい食物繊維のダイエットサポート食品として注目されています。

こんな方におすすめのチアシードは、ダイエットしたい方はもちろん、普段の食事のカロリーが気になる方や、お肌の調子が気になる方、便秘解消や生活習慣病の予防に気を付けたい方、オメガ3脂肪酸が豊富な魚類が苦手な方、アンチエイジングやさらには運動中の水分や栄養補給にもおすすめです。

効果的な摂取方法について チアシードの1日の摂取基準量は大さじ1杯の10g程度となっています。チアシードのカロリーは100gあたりのカロリーはおよそご飯2杯分に相当します。いくら栄養満点だからといって必要以上に食べては逆効果です。

また、チアシードをフリカケ感覚でサラダやヨーグルトなどに混ぜて食べる方もいます。美容や健康の為なら特に問題はないのですが、チアシードを乾燥した状態のまま食べると、お腹の水分を大量に吸収してしまう為、そのまま食べる場合はしっかり水分を摂る事を心掛けます。一方ダイエット目的で摂取する場合には、10分以上水に浸してゼリー状になってから食べる事が大切です。

水に浸す事で食物繊維のグルコマンナン成分を含んだゼリー状のものが出来ます。グルコナンマンは食欲を抑える働きや、糖やコレステロールの吸収を抑える働きがあるのでダイエット効果が期待出来ます。又、水に浸す事で膨らんだチアシードは腹持ちがよくなるので食べすぎや、無駄な間食を防いでくれます。

ちなみに、おすすめの摂取方法は、スムージーにチアシードを混ぜて食べる事です。スムージーとチアシードのW効果で栄養を取りながら健康的に痩せることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です